ガバナーメッセージ

 
2020-21年度

国際ロータリー第2840地区

ガバナー 山田 邦子

2020-2021年度ホルガー・クナークRI 会長は、2020年1月国際協議会で次のように述べています。

ロータリーは機会の扉を開く ― (RI 年次テーマ
 私たちのあらゆる行動がどこかで誰かのために機会の扉を開いています。自らを変える機会、世界中に友人を作る機会、困っている人を助ける機会、若い人を育てる機会、生涯 続く友情の絆を築く機会等いろいろあります。行動しその機会の扉を開こうと述べていま す。この「機会」は、偶然訪れるチャンスではなく私たちが自ら意図して作る機会です。

 ロータリーは1905年2月23日ポール・ハリスによって設立されてから115年後の今では 世界中200以上の国、525地区、35,900クラブ、120万人の大奉仕団体になっています。日 本では1920年に初めての東京ロータリークラブが創立され100年後の2020年には全国34地区、2,250クラブ、88,810人のロータリアンがいます。

 群馬県では1953年3月27日に桐生ロータリークラブが発足して以来今年は45クラブ、2,100人になりました。第2840地区は2000年に第2560地区(新潟・群馬)と地区分割してス タートした日本で一番新しい番号の地区になります。近年、第2840地区は、(1)会員増強率12.6%(237人)(2013 ?2018年の過去5年間)(2)地区補助金活用クラブ率100%(2017? 2018年度)(3)米山記念奨学財団個人寄付率83.4%(2017 ? 2018年度)の日本一を持つ活気のあふれた地区でもあります。

 2020年は新型コロナウイルス感染症で新しい生活様式が要求される年明けになりまし たが、今こそ助けを必要としている人に奉仕する機会です。

 そこで、本年度は、「奉仕の喜び」を地区スローガンに掲げ、新しい奉仕のあり方を皆 様と共に考え実行してゆく年度にしたいと考えます。より多く奉仕して、より多くの喜び を分かち合いましょう。

 ロータリアンは社会のリーダーとして5つの中核的価値観:奉仕(Service)、親睦(Fellowship)、多様性(Diversity)、高潔性(Integrity)、リーダーシップ(Leadership)を体現し世の中で良い事をする機会の扉を開く事ができます。新しい情報を取り入れて若い世代と協調し時代の変化に率先して適応し、ロータリーの歴史を刻み、次の100年を目指して楽しい1年を活動しましょう。

2020-2021地区運営について

<重点実行項目>
1. クラブのサポートと強化
若い会員の増強と参加を促進する。
会員の多様性を確保するため職業分類表の活用を推奨する。
次世代リーダーの育成のための機会を創る。(地区セミナーへの参加推奨、クラブ内 研修の支援等)
新会員セミナーへの参加促進のため、日程の異なる地区内3箇所で開催する。 各クラブは、ロータリー賞受賞を目指す。
2. ロータリー財団補助金を活用した奉仕活動
全てのクラブで地区補助金活用事業を申請するよう奨励する。
全ての分区でグローバル補助金活用事業を申請できるよう奨励・支援する。 地区主導のグローバル補助金事業を申請するよう検討する。
ポリオ根絶に向けた支援を継続促進する。
3. 中核的価値観を強調した公共イメージの向上
ロータリアン各人が5つの中核的価値観:奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップを自らの個人生活・職業生活・社会生活に体現し、ロータリーの公共イメージの向 上に寄与できるよう努める。
4. 日本のロータリー 100周年記念IM の開催
各分区(合同開催も可)ごとにIMを開催し、日本のロータリー100周年を祝うとともに、こ れからのクラブや奉仕活動のあり方について語り合う。
5. 「クラブ活性化ワークショップ」の開催 (中止)
会員組織強化委員会、公共イメージ委員会、ロータリー財団委員会共催で、「クラブ 活性化ワークショップ」を開催する。(2020年8月30日予定)
6. 「奉仕の理念実践セミナー」の開催
地区内クラブの奉仕実践の優れた事例を共有し、ロータリーの目的である「奉仕の理念」とその実践の意義を考える「奉仕の理念実践セミナー」を開催する。
職業奉仕・国際奉仕・地域社会奉仕委員会が主管する。(2021年2月23日予定)
7. 環境保全活動の計画と実行
地球上の社会的課題である環境保全について良いことを考え、個人、クラブ、地区で 率先して実践する。
8. 数値目標
各クラブ会員純増1名以上
寄付 ロータリー財団に毎年 一人150ドル以上
ポリオプラス基金に毎年 一人 30ドル以上
米山記念奨学会に毎年 一人16,000円以上