Supremeを正規品販売。supreme tシャツ。

 

使い方:

カレンダーの先の日にち(下線のついた日にち)をクリックして戴きますと予定の入っている日は その日の情報が表示されます。

 

記事一覧

「Supreme(シュプリーム)」2017FWコレクションにラインアップされ

「Supreme(スーパーコピーシュプリーム)」2017FWコレクションにラインアップされ、レギュラーアイテムの中では最も注目されているであろうボックスロゴフーディーが、12月9日(土)もしくは12月16日(土)に国内リリースとなる可能性が高い事が明らかとなった。

レッド、ブルー、イエローなど様々なカラーパレットでデザインされた今シーズンのボックスロゴフーディーの販売価格は、$148(約17,000円)にてドロップされる予定となっている。

2017FWコレクションに登場予定となっている Supreme(シュプリーム)と、『AKIRA』の作者としてお馴染みの日本を代表する漫画家「大友克洋(おおとも かつひろ)」によるコラボアイテムに関する「 ドロップリスト . リーク . 販売価格 . 並び 」などの最新情報をいち早くお伝えする “まとめ” 記事として随時更新中。

Supreme(シュプリーム) 2017FWシーズン WEEK11 オンラインストアの各カテゴリーリンクをご紹介。
海外では、大友克洋が描いたSFコミック『AKIRA』をフィーチャーしたデッキやフーディ、レギュラーアイテムであるスタジアムジャケットの注目度が高かった。

11月4日(土)AM11:00にSupreme 2017FW WEEK11のオンラインリリースが開始となるので、まずは下のフォトギャラリーにてカテゴリーリンクをチェックしておこう。

Supreme(シュプリーム) 2017FWコレクション WEE11ドロップリストの国内販売価格と公式サイズ表をご紹介。
今週は、2017FWコレクションの中でも一際注目を集めていた「AKIRA(アキラ)」との異例のコラボアイテムが遂に登場。

ジャケットやTシャツなどのアパレルラインはもちろん、ヘッドウェアや小物類までオールジャンルなアイテムが並んでおり、さらには豊富なカラーバリエーションや、作画のアイコニックなシーンをフューチャーしたAKIRAファンも必見のラインアップとなっている。

Supreme 2017FWコレクション WEEK11の日本における発売開始は11月4日(土)となるので、まずは今週のドロップリストを下でチェックしてみよう。

EUに続きUSでもSupreme(シュプリーム) 2017FWコレクション WEEK11が発売となった。
EUでは一番早く完売となったのは“15秒”という少し遅い結果だったが、実は多くのユーザーにて『このカードは利用できません』というメッセージが表示されていたようだ。

そのメッセージが表示されていた理由は定かではないが、一部では“利用規則”を反する者に対するペナルティ的な新たなシステムが導入されたとも言われている。

では、アメリカではどのような結果となったのだろうか。

USオンラインストアにおける“早く売り切れたアイテムランキング”は下のギャラリーをチェック。

USでもAKIRAとのコラボピースの注目度は高く、最速ではコラボフーディのブラックが11秒で完売。

2番目には、EUと同じくスタジアムジャケットのホワイトが13秒でソールドアウト。

EUで最も早い完売時間を記録したAKIRAとのコラボデッキは3番目に完売となり、その時間は14秒だった。

USでのオンラインリリースを終え海外での売れ行きを見る限り、AKIRAとのコラボアイテムはフーディのブラックと“Neo-Tokyo”スケートボードデッキにて激しい争奪戦が繰り広げられ、レギュラーアイテムではスタジアムジャケットが1点集中という結果となった。

日本より一足早くSupreme(シュプリーム)2017FWシーズン WEEK11が、EUのオンラインストアと旗艦店にてローンチを迎えた。
WEEK11では、一際異彩を放つ『AKIRA(アキラ)』との注目のビッグコラボが登場。

海外でもコアなファンを持つ人気漫画ともあり、海外での売れ行きが非常に気になるところだ。

レギュラーアイテムでは、“SUPREME”のロゴがバックプリントに施されたロング丈のスタジアムジャケットや、スモールボックスロゴとメッシュ素材が採用されたキャンプキャップ、アメリカの『Realtree』社のリーフカモを採用したTシャツやボクサーパンツなどが登場している。

果たしてEUオンラインではどのような反応を示したのだろうか。

WEEK11 EUオンラインにて最速で完売となったのは、AKIRAとのコラボアイテムであるNeo-Tokyoのデッキが15秒でソールドアウト。

次点では、レギュラーアイテムであるホワイトのスタジアムジャケットが20秒で完売し、続いて30秒でAKIRAとのコラボフーディのブラックがソールドアウトとなった。

先週よりも全体的に完売時間に余裕がある結果となった。

Supreme 2017FWコレクション WEEK11 EUオンラインの詳しいタイムレポートは上のギャラリーにてチェックしてみよう。

「Dover Street Market Ginza (ドーバー ストリート マーケット ギンザ) 」にて、Supreme(シュプリーム) × AKIRA(アキラ)のコラボアイテムが購入できる入場整理券

先日より発売が噂され、ストリートシーンだけではなくアニメ好きの間でも大きな話題となっていた「Supreme(シュプリーム)」と、日本のみならず世界的な人気を誇る漫画作品『AKIRA』とのコラボレーションが、今週WEEK11にリリースされる事が遂に決定した。
今コラボコレクションでは、「AKIRA」の主人公・金田正太郎のグラフィックワークや、“アキラ”の文字がカタカナ表記にて施されたモッズコート、オーバーオール、サッカーシャツ、フーディ、キャップ、スケートボード、プレート、トレイ、そしてAKIRAファンには堪らない『山形』、『鉄雄』Tシャツや『ネオ東京』のロングスリーブTシャツ、ジャケットなども登場している。

Supreme x AKIRA によるコラボアイテムの数々は海外におけるSupreme店舗やオンラインストアでは11月2日(木)より発売開始。

日本国内における発売開始日は11月4日(土)となっているので、まずはそのラインアップのヴィジュアルを若手プロスケーター「Sean Pablo(ショーン・パブロ)」が登場するルックブックやプレビューショットでチェックしてみよう。

「Stone Island®(ストーンアイランド)」や今週ローンチとなった「NIKE(ナイキ)」とのコラボアイテムでも大きな注目を集めた「Supreme(シュプリーム)」より、日本を漫画作品のひとつである『AKIRA』とのコラボコレクションが、来週WEEK11に登場する可能性が高い事が明らかとなった。
Supreme x AKIRA によるコラボアイテムは、アウター、Tシャツ、ヘッドウェア、デッキ、ステッカーに加え、灰皿やディナープレートなどのアクセサリーも展開されるという新たな情報とそのモックアップも今回リークされている。

『AKIRA』の作者である大友克洋や、Supremeから今コラボコレクションに関する詳細が明かされる日を引き続き楽しみに待とう。

日本を代表する漫画家『大友克洋』と、「Supreme(シュプリーム)」によるコラボコレクションが、11月に発売されるとの情報をキャッチした。
世界中のストリートシーンを騒然とさせている注目のコラボピースは、アウター、Tシャツ、アクセサリー、ヘッドウェア、デッキ、ステッカーというフルラインナップにてローンチ予定となっている。

1980年代にマンガ雑誌『週刊ヤングマガジン』にて、約8年間連載していた日本を代表する漫画作品のひとつである「AKIRA」とのコラボコレクションをリリースすると噂されている「Supreme(シュプリーム)」。
今回その注目すべきコラボピースの最新情報をキャッチしたので、お届けしていく。

先日、『AKIRA』の作者である大友克洋が、展示会「GALLERY X BY PARCO」を記念したトークショー中にSupremeとのコラボレーションについて「やることになって。10月中ですかね。」と話をしていたが、実際には2018年に発売される可能性がある事が明らかとなった。

そのリークの根本となっているのが、検索バーに『Akira2018.com』と入力すると、Supremeのオフィシャルサイトが表示されるためだ。

本来なら存在しないURLには“このサイトにアクセスできません”と表示されるはずだ。

ストリートヘッズは勿論の事、アニメ好きの間でも大きな話題となる新コラボコレクションは間違いなく水面下で進んでいるようだ。

更なる情報が届き次第、随時お伝えしていくのでお楽しみに。

「Andres Serrano(アンドレス・セラーノ)」、「HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)」とのコラボレーションに引き続き、Supreme(シュプリーム)が2017FWコレクションの一環として、『AKIRA』の作者としてお馴染みの日本を代表する漫画家「大友克洋(おおとも かつひろ)」とチームアップするとの情報をキャッチした。

大友克洋は、1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた人物だ。

今回、大友克洋とSupremeのコラボレーションの噂が立った理由は、数々の大友作品のデザインを手がけた、グラフィックデザイナー「上杉季明(うえすぎ としあき)」が、2017年9月23日(土)から10月1日(日)にかけて、渋谷・GALLERY X BY PARCOにて開催している「マッハ55号がデザインするアニメ・音楽・書籍の世界20年展 “THE MACH55GO WORKS 55×20” ~大友克洋から『COWBOYBEBOP』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』まで~」のデザインワーク展の上杉季明と大友克洋による対談の中で“Supremeとのプロジェクトが進行中”と本人が語った事で一気に拡散した。

まだ今プロジェクトのコレクションラインナップや発売日などの詳細は不明。

『AKIRA』『童夢』『気分はもう戦争』など、果たしてどの名作がストリートウェアにフィーチャーのだろうか。

コメント一覧